« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

はじめまして。

Rimg7818              RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 「はじめまして」

12月27日の夕方。

子供が生まれた。 標準よか小さめの2㌔ちょっとの手のひらサイズの男の子。

生まれた時、到着が遅れて立ち合う事はできなかったけど、新生児室のガラス越しで
こちらに笑顔で手を振ってくれた時、自然と涙が出た。自然に泣ける。不思議。

生まれて一時間も経たないにも関わらず、立派な顔立ちに長い指先。
いきなり親バカの片鱗を覗かせる自分自身。

はじめまして。

これからよろしく。

早く名前を決めてあげなくっちゃ。 今年中には名前で呼んでやりたいな。

2013年12月20日 (金)

雨降りの休日。

Rimg7787                           RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

休みだったのに予報通りの二日続けての雨。

私用はある程度こなせたけど、やっぱ晴れてた方が良かった。

花も雨に濡れて寒そうだった。

2013年12月19日 (木)

雨降り。

Rimg7721                    RICOH GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

予報通り、冷たい雨の降る一日だった。

2013年12月18日 (水)

寒さに負けず。

Photo                  LeicaM3 + DR:SUMMICRON 50mmf2 ソラリス400 「冬スナップ」

今日は雨らしい。

寒くて雨は嫌だなあと思いきや。

行動が制限され選択肢が少なくなる分、動きやすいとも考えられ…。

2013年12月16日 (月)

冬色スナップ。

Photo

Photo_2                      LeicaM3 + SUMMARON 35mm f3.5 カラーネガ800 「冬色」

寒い日が続く。

週間天気予報では次の休みは冷たい雨。

2013年12月13日 (金)

寒空の下

Photo_2Hasselblad 503CX + Planar C80mm F2.8T

考えたくない事。嫌な記憶。

それらが急に頭の中をグルグルと駆け巡った。

何の前触れも引き鉄も関連性も無く、いきなり唐突に…。

何かイイ事無いかしら。

2013年12月12日 (木)

季節を感じる。

Photo                           Hasselblad 503CX + Planar C80mm F2.8T

大量に散ったイチョウの葉で足を滑らせた午後。

2013年12月11日 (水)

冬が始まる。

Photo                     LeicaM3 + DR:SUMMICRON 50mmf2 ゴールド200 「冬の訪れ」

急に寒くなった。

週間予報でも一ケタ台の気温が続く。

2013年12月10日 (火)

茂る。

Photo                            Rolleiflex 3.5E3 + Planar 75mmF3.5 フジプロ400 「茂る」

店舗と店舗の間の狭い場所に切られても切られても茂る植物。

店の人が定期的に草を刈るも、しばらくするとこの有様。

そんな植物を毎日通勤時に見ては感心していたのに、先週くらいに

店舗の改装工事があったようで、その際にキレイサッパリ跡方も無く刈られてしまった。

もうじき10日ほど経つというのに一向に復活する気配も無い…。

根絶されてしまったのかな。 毎朝チェックしながら前を通る…。

2013年12月 8日 (日)

残秋

Photo                             Hasselblad 503CX + Planar C80mm F2.8T 「鉢モミジ」

12月も半ばに差し掛かろうというのに、街のあちこちには秋の名残が見え隠れ。

クリスマスソングが流れ、夜は輝くイルミネーション。

そんな中、頑張ってる紅葉。

秋と冬が入り混じったようなヘンテコな雰囲気。

2013年12月 7日 (土)

秋の終わりと写真展。

Photo                 LeicaM3 + DR:SUMMICRON 50mmf2 ソラリス400 「色づく」

今年も秋が終わろうとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の仕事帰りに、とある写真展へ行ってきました。

女性六人から成る写真ユニット「六花」による写真展『ぬくもり』

女性らしい視点から撮られる写真たちは、ふんわり柔らかく時に凛とした雰囲気で
見ていてかなり刺激を受けてきました。 六人も個性もしっかりとあり、見応え十分。

展示を見に来た人達へのおもてなしの気配りも素晴らしくて、何とも居心地がよく
つい長居をしてしまう素晴らしい空間でした。

そんな彼女たちの素晴らしい展示も12月8日とあと二日。

週末京都にお越しの際には是非お勧めの展示です。

2013年12月 6日 (金)

フイルムマジック。

000007Rolleiflex 3.5E3 + Planar 75mmF3.5 フジプロ400「日差しも暖かくて気持ちの良い初冬の昼下がり」

フイルム写真というのはデジタルと違って撮った後すぐに写りを確認する事ができません。

なので上手く撮れてるかどうかは現像してプリントしてもらってから確認できるわけですが、
フイルム一本の中で何枚かは撮影ミスなどや撮った時のイメージと違ったりする事があります。

でも中には撮った時のイメージ通り、もしくはそれ以上に撮れてる事もあるのです。
そーいう写真のプリントを手にした時の喜びは最初から在る程度写りを確認できてしまってるデジタルでは味わえません。

この写真はホントに何気なく撮った店舗裏のビールの空き瓶。

天気が良かったのもあり、何となくイイ感じに見えたので気軽に撮ったのですが、
実際見るよりもキレイに撮れてます。背景のボケも柔らかくてイイ感じ。

このように何気なく撮った一枚。撮った事すら覚えてないようなモノでも後日、現像後に
素晴らしいプリントになって再開する事もあるんですよね。

あれ? この写真ってあの時の??みたいな。

確かにフイルム写真に関して言えば、撮るカメラこそ中古市場で昔に比べて随分安く手に入れる事が出来ますが、
フイルム代や現像プリント代の事を考えると一枚当たりのコストはかなり割高になります。

しかしこういう偶然の一枚に出会えたりするんですよねえ。
まさにフイルムマジック! こんな事があるから、なかなか足を洗えそうにありません。

2013年12月 5日 (木)

紅葉撮り 京都御苑2013

Fh000015
Photo
Fh000019
1
Fh000007
Photo_2
Fh000010                LeicaM3 + DR:SUMMICRON 50mmf2 ソラリス400 「京都御苑 紅葉」

フイルムの現像と画像の整理ができましたので、よーやくブログに上げる事が出来ました。

先週行ってきた京都御苑。11月末なのにまだまだ見頃でした。

先に撮影した南禅寺とは違い、人も疎らで落ち着いて撮影するには絶好の穴場でした。

サスガに12月になった今はだいぶ散ってるんでしょうかね。

2013年12月 1日 (日)

鴨川。

000002                      Rolleiflex 3.5E3 + Planar 75mmF3.5 フジプロ400 「鴨川」

先日撮ってきたフイルムの現像が上がってきました。

写真は丸太町通から北向きに撮った鴨川。

この後、京都御苑に向かい紅葉を撮ってきました。

整理出来次第アップしていきたいと思います。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • ブログ内の文章や写真の無断使用や複製はご遠慮ください。
  • 週間天気予報~